転職を成功させるために必要なこと

女性が転職をする場合には、いくつか気を付けておきたいポイントがあります。
まずは、自分がこれまで在籍していた会社で培ってきたスキルの中で、今後のキャリアに役立てられそうなものを整理しておくということです。
例えば、「マンションのインテリアコーディネートを担当し、お客様だけでなく、工事担当者や営業担当者など、様々な人とのコミュニケーション能力を培ってきました」など、採用担当者がわかりやすいように、具体的に経験してきたことを伝えることがポイントになります。

また、今後のキャリア構築について、明確な方向性を示すことも忘れてはいけません。
「インテリアコーディネートのスキルを磨いて、規模の大きな案件にも対応できるようになりたい」「営業スキルも身に付けて、マルチに活躍できるようになりたい」など、自分が将来どのような仕事をしていきたいのかを伝えることも、仕事に対してポジティブな印象を与えられるからです。

20代女性の場合、採用する側は、結婚や妊娠、出産など、ライフステージに変化が起こった際に、どのようにしていきたいと思っているのかも気になるはずです。
そのため、結婚後や出産後も働き続ける意思があるのかどうか、自分自身の希望を伝えておくことで、転職後のミスマッチ感を減らせる可能性が高くなります。
ですから、ライフステージの変化に関わらず、長く働き続けたい気持ちがある場合は、そのことを積極的にアピールするようにしましょう。